どの言語を学習する?

プログラミング言語のトレンドは世界と日本では少し異なっており、職種によって求められるスキルも異なります。これから学ぶ言語を選ぶ際には、トレンドだけでなく目指す職種で求められる言語についても調べておきましょう。市場に出回っている案件数の割合や平均単価などの側面から学ぶ言語を考えていくことも大切です。学ぶ言語が決まったら、効率的に学ぶ知恵を身につけておきましょう。独学にこだわらず、他のエンジニアの知恵に頼ることもときには必要です。

どの言語を学習する?

どの言語を学習する?の記事一覧

職種別の言語やスキルで考えよう! 職種別の言語やスキルで考えよう!

システムエンジニア、プログラマー、サーバーエンジニア、Webエンジニア、フロントエンドエンジニアなど、同じエンジニア職の中にもさまざまなジャンルの職種があります。それぞれの職種に求められるスキルや役立つ資格をご紹介します。

詳細はこちら
各言語の案件数や単価で考えよう! 各言語の案件数や単価で考えよう!

「Java」「PHP」「Python」「Ruby」「JavaScript」「C#」「Swift」の案件数や平均単価を参考に、これから学ぶプログラミング言語について考えましょう。現段階のトレンドだけでなく、将来的にどうかを考えることも大切です。

詳細はこちら
肝心の学習方法は? 肝心の学習方法は?

習得したいプログラミング言語を見つけたら、次は学習方法について考えてみましょう。書籍を読みこむことも大切ですが、なるべく早い段階からコードを書くようにしましょう。ゲームや情報共有サービスなどを活用すれば学習をより効率化できます。

詳細はこちら