世界・日本のトレンド言語とは?

世界でトレンド入りしているプログラミング言語とはなにかをご紹介します。最も人気が高いのが「Go」で、2位が「Kotlin」、3位が「Python」です。日本では、「C言語」や「C++」の人気が最も高く、次に「JavaScript」「C#」「Java」と続きます。プログラミング言語は独学で学ぶことが可能ですが、完全な独学ではなく「StackOverflow」や「GitHub」などを介して他のエンジニアからのサポートを受けたほうが、習得までがスムーズです。

世界・日本のトレンド言語とは?

世界・日本のトレンド言語とは?の記事一覧

世界的に学習したいと思われているプログラミング言語! 世界的に学習したいと思われているプログラミング言語!

HackerRankが発表した「2019年の開発エンジニアスキルレポート」によると、エンジニアが学びたいプログラミング言語ランキングのトップは「Go」でした。第2位は「Kotlin」で、第3位は「Python」でした。

詳細はこちら
日本での人気別&業界別トレンドのプログラミング言語! 日本での人気別&業界別トレンドのプログラミング言語!

プログラミング言語実態調査2018(日経xTECH)によると、日本のプログラミング言語のトレンドのトップは「C言語」と「C++」でした。次に続くのが、「JavaScript」「C#」「Java」「Python」です。

詳細はこちら
独学で学ぶならサポート体制がある言語が安心 独学で学ぶならサポート体制がある言語が安心

プログラミング言語を効率的に身につけるコツは、他のエンジニアからのサポートを受けながら勉強することです。独学でプログラミングを学ぶ場合は、「StackOverflow」や「GitHub」などのコミュニティが役立ちます。

詳細はこちら